2008/09/26 (Fri)

そういえば

20日が誕生日でした。

購入物

らっきょの未来福音とか東方地霊殿とか生徒会の一存とかレギオスとかもぐらさんのリトバスとかスパロボZとかティンクル☆くるせいだーすとか。
ソフマップでティンクル購入したら抱き枕カバーついてきた。どうしろと。初抱き枕カバーだよ。胸ポチ(死語)見えてるじゃねえか。無駄にシルクみたいな素材使ってて肌触りよすぎだよ。とりあえず以前のリトバス特典同様、クローゼットに保管することに。
ちなみにリリアンOHPにサンプルあり。
真・恋姫無双は予約済。

[PS2]アマガミ

某執務室のコメント欄にいろいろ書きすぎたので、こっちでは自重。
まあ何はともあれ続報待ちだわさ。買うだろうけれど。
ちなみにOHPは9月30日に公開らしい。

[漫画]Q.E.D. 証明終了ドラマ化

詳細リンク
や、びっくりした。
まさかのNHKでの連続ドラマ。でもごめん。俺、役者が誰かわからないんだ。モー娘。もここ最近のはわからない。というわけで、グーグルさんでイメージ検索。
イメージが全然違ってた。
でもまあドラマ化ってのは素直に嬉しい。どのエピソードをどこまで描ききるのかも面白そうだし。これがきっかけでQ.E.D.の人気も出れば嬉しいなあ。


2008/09/15 (Mon)

連休中は

実家に戻ってました。特にこれといった用事はなかったんですが、タダで飯が食えるという利点がよいので。というわけでひたすらゴロゴロしてますた。わふー。
そんな感じでのんびりテレビ見てたら、いきなりファミコンアレンジ『魔法をかけて!』が流れてびっくりした。関西ローカルだったので、あまり見てなかった人多そうだけど。にしてもファミコンのところでわざわざそっち流さなくても……。いい素材がなかったのか。

[DS]QMA DS

購入。駅前のあらゆる店の在庫が全滅。悔いていたら弟が「ひとっ走り行ってくるゼ!」と意気揚々に自転車で郊外の店まで行って、まさかの購入。なんつーか、頭があがらねえ。
で。ゲームのほうですがアカデミーモードでちょこちょこ進め中。現在、魔道士10級のサイクロプス組。CPUが鬼のように強いときがあるので、仕方なくWi-Fi通信で全国対戦に挑むも通信エラーで切断連発。アーケードもたまに起こったりするけれど、やはり携帯機器となると負荷が予想できなかったんだろうか。通信エラー+フリーズになると再起動必至。しかもアミューズメントリンクの設置場所が全体的に少ないときた。こちらも時期的な問題もあるんだろうけれど、早めに対処してもらいたいところ。
いろいろ問題点とか課題をあげてみたけれど、やっぱり面白いよね。軽く時間を潰すのには本当にもってこい。問題の質も本当に濃いし。これで7万問以上というのだから、本当にやり応えがあるなあ。通勤時間とまではいかないまでも、普段使わない頭を刺激するにはちょうどいい。

[ニコマス]P4との組合せPVとか

「ゆPの修羅場きた!」と思ったらガチアイマス×P4でした。でも修羅場は修羅場なんだな。
P4の晴れBGMを使ったPV。ゆPの印象ってオブリを使った架空戦記Pだったのだけれど、この作品で印象がかなり払拭。どんどん溢れてくる情報量は何回も見直すことで発見とともに感嘆。踊りを逆再生するといった試みも違和感なく溶け込んでいるし、シンクロもぴったり。眺めているだけではもったいない作品。何度も見直すべし。
DLCで眼鏡が配信されてから、P4との組合せ動画が増えてきたように感じる。まあアイマス層とP4層が被っているだけかもしれないけれど。ペルソナで架空戦記をやっている方もいるし。

おなじみ『順子でぇす』のOPで作ったジアースPの作品。ていうか、ジアースPは前作の攻殻もそうだったけれど再現度がハンパじゃない。あと作品に対する情熱も違う(上記の作品は3回目のうp。前2回は細かな誤字発覚で既に削除済み。ちなみに1日で)。こっちの衣装はメガネ+パンゴシ。パンゴシのかっこよさは異常。学生服や私服よりも戦闘的なイメージ。再現度もさることながらジアースPの手描きもまた。クマがののワさんなのには笑ったがw
本当に万能的だな、ののワさんwwwwww
ぺるのワー。

先日開催されたiM@S Collaboration Festivalから1作。上記で紹介したゆPと「ぉうわぁぉぉぅぅわんゎぃぇ!」カカオPの作品。濃厚なやよいおり。やよいおり好きにはたまらねえ。田村ゆかりはあまり聞いたことはなかったんだけど、雰囲気と展開が曲とかなりマッチしていて見ていて楽しい。ホント、これで作者※がまともだったらと思うとwwwww
いや、この二人はもうこのままでいいや!

これに最初に気付いた人は本当に凄いと思った。
なんという販促動画。classic買った俺でもこれが発表されたら全色買ってしまうかもしれん……。


2008/09/10 (Wed)

ワイヤレスヘッドホン購入

物欲結果。購入したのはONKYOのMHP-AV1。まだPCでのみの動作確認と宝の持ち腐れもいいところですが、今度の休みにいろいろ試してみようかと。
オーディオ知識不足が今更発覚。光デジタルケーブルって何種類もあるのか。MHP-AV1に付属しているデジタルケーブルをテレビにつけようかと思ったらなかなか刺さらない。むぅ、困った。結構ややこしそうだ。ひとまず休日まではPCのみで使うことに。まあ主にPCでの作業
使い勝手のほうは結構いい。重低音が直で伝わってくるし、コードもないので部屋の中を移動しながら音楽を聴くことができる。途切れもほとんどない。ただし、あまり電波がいきかっている場所に本体を置いておくと雑音や音飛びが発生する。その辺りは自分で周波数を弄ったりすれば修復可能なので気にことではないかも。
HPでは3万超と記載されていますが、既に3年近く経っているので大手ショップで2万弱で購入。あとヘッドホン充電用にエネループ単三セット購入したら、普通にエネループが付属されていた。まあ、意外と使う機会が多いのであるに越したことはないんだけどねー。

iPod 第4世代突入

速報:アップル「Let's Rock」イベント 新iPodラインナップ発表

(´・ω・`)

ここ最近の今井さん。
1年前  PSP-2000購入 →  PSP-3000発表
2ヶ月前 箱360の120GBHDD購入 → 今回の値下げ
1ヶ月前 iPod classc購入 → 今回のアップデート


2008/09/09 (Tue)

[アイマス]ドラマCD

『Eternal Prism 01』が10月24日発売。今知った。
この新シリーズ以降でPSP仕様の体制なのかねえ。既にAmazon他で予約開始。購入予定。

[ニコマス]小鳥さんの誕生日

9月9日は小鳥さんの誕生日。

ほんとうに
陽一Pは
すごい
な。
(中二病的な意味で)

歪氏による新作捏造顔グラが上がって数時間というジェバンニ。しかも小鳥さんの誕生日にあわせるかのように時間をほぼ空けずに3作連続うp。陽一Pは本当にすげえな。しかも話の流れが本当に滑らか。貴音コミュでもそうだったが、キャラクターの魅力を引き(生み)出すのが上手い。貴音も小鳥もそれほどキャラクターの情報は出ていないからこその自由度なんだろうけれど、思わずニヤニヤしながら眺めてしまう。
動画という特性上選択肢を表示しても選択はできないのだが、陽一Pはまるで選択肢が表示されていつの間にか選択していたと思わせる間がある。「じゃあバッドコミュは?」「実はノーマルコミュのほうが面白い展開になるのでは?」とこちらも思わず妄想してしまう。この辺りはアイマスというゲームに対するやりこみ具合によるかもしれないけれど。
そういう「もしかしたら」といった「陽一Pではない小鳥」を考えさせてくれるのが陽一Pを含むノベマスP――ひいては二次創作の凄いところ。
というかバンナムは陽一Pの妄想を早く抑えるべき。ネタを全てとられるぞw


2008/09/06 (Sat)

購入物

拓海に「電撃もう売ってた」という連絡をうけて、急いで本屋へ。難無く川上稔の『境界線上のホライゾンI<上>』購入。というか1巻からこの分厚さってのが相変わらず川上稔っぽいよなあ。来月にはとらドラ新刊と同時に下巻も発売のようなので、早速読んでいきますよー。

『Pure×Cure』『Sugar+Spice』の原画で有名なぎん太さんが作画を担当している漫画『絶対☆アイドル』も購入。
1巻完結というのが本当にもったいない。読み終えた後に「あれ、続きは? 続きは?」と何度も読み返して確認してしまったほど。

アイドルを目指す『天乃 宙』。その名前と中性的な容姿から「店の前のポスターみたいな髪型にしてください!」と美容院に頼むも、間違えて女性用のショートカットにされてしまうれっきとした男の子。ひょんなことから彼は女性と間違えられて芸能プロダクションにスカウトされてしまう。最初は戸惑う彼であったが、本質的に持っている絶対アイドルの瞳と『アイドル』への想いで苦難を乗り越えていく。

簡単なあらすじを書いてみたけれど、なんつーか某女装少年好きの人向けな気がしてきた。今度会ったら紹介しておこう。
追記:紹介しようと思ったら既に購入していた件。やっぱりあいつはすげえぜ……。

[ゲーム]テイルズ オブ ヴェスペリア

タルカロン出現まで。
ボス戦で何個ライフボトルを使ったか、覚えてる?
と言いたいくらい毎回使っている俺。この頃はうっかり死が雑魚戦でもあるから困る。
最終局面前にレベル上げやサブイベント回収のため、うろちょろ開始。


2008/09/03 (Wed)

やってしまった。

春香2、美希2、亜美1、真美1

生涯フィギュアなんて買うわけねー、と思っていた時期もありました……。
というわけで、フロイラインリボルテック『アイドルマスター』シリーズとか。現在発売中の内、亜美のFS版と真美の通常版がヨドバシカメラに在庫がなかったのでAmazonか何かで注文するか思案中。
噂では聞いていたのですが確かにパーツが外れやすい部分があるかも。個人的に体感したのは美希の腕。開封直後から既に外れていて、くっつけるのもまた大変。めげずにせっせと全員のポーズを考え、同時に買ったケースに配置。
さて、自慢することではないが自分の部屋は本がたくさんあってフィギュアを6体も置けるスペースなどない。地べたに置いておいたら、いつ蹴ってしまうかわからない。そもそも地べたに本が散乱している。
唯一置けそうな本棚の上はこの状況。

なんて、汚い−−−。

さて、どうしたものか。
おや、春香さん。どうかしましたか?

おや、春香さんの様子が?

「うーん。本がいっぱいですね。これじゃあ折角のステージ(ケース)が台無しですよぉ……」
そうは言っても、あと置けるスペースは冷蔵庫とか生活臭が溢れるところなんだよなあ。やよいならもしかしたら喜ぶかもしれないけど。
「さすがにそれは……そうだ! プロデューサーさん、このCDかけてください!」
いきなりの発言にびっくりしたが、春香には何か考えがあるのだろう。手渡されたCDを何の疑問も抱かず、CDプレイヤーで再生。
イントロ開始。
「もーっと遠くへ泳いでみたい♪」
待て。待て待て待て。嫌な予感しかしてこないぞ!
そんな俺の言葉を聞くことなく、春香は持ち歌である『太陽のジェラシー』を歌い続ける。そして。

何年振りだよ、絵描いたの……。

どんがらがっしゃーん!

どんがらがっしゃーん

ダイブしたー!?
パーフェクトコミュニケーション

小芝居完。
とりあえず本棚の上のものを払いのけてスペースを作りましたよ、って話。てか本棚もうひとつ必要だな。今度買ってこよう。以下、現状の配置図。

なんだ、これ。

まだまだ勉強が必要だな。

[小説]偽物語(上)

読了。西尾テイストが至るところに散らばっていて、いつの間にか読破してた。というか会話のテンポが崩れないってのは本当に凄いよなあ。
本編の肝となるはずの怪異がおまけ程度なのにはびっくりしたが。ここからどう繋げるんだろ、と思ったら「……という夢だったのさ」といきなり現実をたたきつけられた気分。いや、それが西尾らしさというか200%趣味で書いたっていう意味なんだろうけれど。
まさに続編であって外伝。『化物語』読んでいない人、西尾作品に触れたことがなかった人にとれば「なんだったんだろう、これは」って気分になるやもしれない。逆に西尾好きには「ああ、西尾だなあ」と思うこと間違いなし。
というか、メタ発言多すぎだろ今回w


2008/09/02 (Tue)

[小説]偽物語(上)

購入。よく見たら上巻だった。てっきり、1巻完結ものだと思ってたのに。
そういえばシャフトでアニメ化だそうで。西尾の世界観をアニメでどう表現するか楽しみではありながら、シャフトというアニメ界の(あらゆる意味で)異端児なところで製作というのは期待半分・不安半分な面も。
本編は今から読んでいきますよー。
下巻は来年3月予定。

[アイマス]THE IDOLM@STER MASTER LIVE ENCORE

10月29日発売予定のTHE IDOLM@STER MASTER LIVE ENCOREの曲目が発表。
新曲2曲に、『shiny smile』新録というアンコールというには豪華すぎる一枚。いつも何かをやらかしてくれるMASTER LIVEシリーズなので今回も何かやってくれるとは思っていますがはてさて。
誰が歌うのかは来週以降となるらしいので期待して続報待ち。


広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット